Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FFF(25日後半)ネタばれ

『EDEN』アコースティックVer.はもちろんいいんだけど・・・。
ごめん、人によるだろうけど、
私はやっぱり、∞のメンバーでやる『EDEN』が好き。

すばるの横にギター持った亮ちゃんがいて、絞るようなすばるのシャウトに続く亮ちゃんとのハーモニーが好き。

この曲だけは周りに∞のメンバーがいるのが好き。


『ワッハッハー』ブルースVer.では、FiVeの様子をよく見ることができました。
力也と牧野くんが楽しそうに両足でリズムを取りながらセッションしてる。
けど・・・
客席のクラップ?っていうか、手拍子。あれ、いらないわ。
手拍子なしで、すばるの歌を耳と心だけで聴いて。

「いいのに~♪」のセリフは初日のかわいいのとは違って、今日はブルースに合わせたかっこいい感じで。(うまく表現できません

今日見たかったものの2つ目と3つ目は『まもりたい』と『GREEDY』を歌うすばるの顔。

『まもりたい』を歌う間、マイクを持っていない方の左手は胸に。

この歌はやっぱり名曲ですね。
たっちょんの歌うこの曲を聞いて全国のたっちょんファンさんはさぞ幸せだった、と思います。
私はすばるの『まもりたい』を聞いて、すごく幸せだもの。

そして、そして
『GREEDY』

おととい、なんて情感たっぷりに歌うのか、どんな顔をしてるのか、ってすごく見たかったの。

その前半の情感たっぷりのところは、すばるは最初からずーーっと目をつぶって歌ってる。
後半の力強い歌い方に移る時、すばるはカッと目を見開くんです。
大きな目をもっともっと大きく。
目に力がこもるのと同時に声にも力がこもる。

とにかく迫力がありました。
今回のライブでの、この『GREEDY』はほんとにすごいな。


個人的にFiVeの曲で一番好きなのが、『CRY』
これ、とっても好き、って初日にも書いたっけ。再確認しました。

それに続く『Everyday Music』でも、FiVeの演奏は素敵。
力也のギターの手元がよく見えました。
この演奏があるからこそ、すばるの歌が引き立つんだよね。
すばるが安心して歌えるんだよね。
FiVe、ありがとう。

フラフラの強みはどう考えたってここよね!
FiVeの演奏とすばるのVocal

しかも、力也が作曲して、すばるが歌詞を作って、他の3人がアレンジできる。
そういうBANDってジャニーズに他にあるのかな?
私は知らないんですけど。


『Window』も大好きな曲です。
この明るく前向きな歌詞と曲が好き。
すばるの若々しい明るい歌詞が好き。

『強情にGO!』を近くで見て。
何て、何て!スタミナがあるんだろう!
あの細い体、でもスタミナはすごいよ。
あんだけ暴れて、あんだけステージで転げまわって、全身で声出して歌って、
全く息が上がらない。
あの曲をひとりで全部歌ってそれ、ってホントにすごい。
すばる、このライブが終わった後、大丈夫なのか、って思うくらい。

最後のあいさつになる前ステージの斜面で大の字に転がってたよ。
燃焼しつくしたって感じ。
∞47コンでのドラムソロ→ロックメドレーが終わった後のたっちょんのよう。


石垣くんが、「ずっとこの5人でやりたいと思ってた。今回できて、お客さんがいっぱい来てくれて本当にうれしい。また来てください。」って言いました。

牧野くんも「8年前からこの5人でライブやりたいってずっと言ってて、もうできないのかな、と思って忘れかけたころにすばるくんが声かけてくれてうれしかった。これからもこの5にんでやっていきたい。」と
言っていました。

亮太の夢は日本武道館でライブをすることなんですって。
大きな歓声と拍手が上がっていました。

すばるは

今のこういう光景を夢みて昔はやってた。
まず、全国ツアーやって、CDを出したい。
夢に向かえるのが幸せ。
応援してくれる人がいるのがうれしい。
この5人の家族でよかったと思ってもらえるようなBANDになりたい。


今日来てくれたファンのことを、「家族」だと言っていました。


『pray』
某サイトで見られる若いすばるの歌う『pray』とはもう違うね。
当たり前なんだけど、人間は成長する生き物なんだな、と思いました。

日々成長してるすばるがまぶしい。
遅々として成長しない自分も、このすばるの姿を見てると、頑張らなきゃと思います、いつも。
こんなにエールをもらって、成長しようど努力しないのは恥ずかしい。
どんなに小さなことでもいいんだ、って。
どんな小さなことでも夢をもって続けろってすばるは言ってるし、実践してる。
だから、こんなに皆が付いていくんだね。


力をくれてありがとうね。


Can Do! Can Go!
の時の5人はホントにかわいい。
こういうのに慣れてないっぽいFiVeの4人が照れながらやってるのはなんかとっても新鮮。

今日は頭の上から手の中に銀テープが舞い降りてきました。
これは宝物

最後の曲が『大阪ロマネスク』でなんかよかったな、って感じました。
最後をこれで締めてくれるのは、今の根っこが関ジャニ∞にあるって思えたから。

関ジャニ∞があってこその今日のFFFとしてのすばるがあるんだってちゃんとわかってるんだよね。
パンフレットの対談にも書いていたもの。
それがあるから、
ヒナちゃんも、すばるの夢を応援してあんなメッセージを前にレンジャーに書いてくれたんだよね。
絆は強いんだろうな。

ところで、
雅なる・・・ストーリーの間の、息を吸う音が好き
ここでも実は手拍子が邪魔なんだけど、気持はわかるから、これは許せる(何様?)

前回同様、いっつもこの辺でもう書くのをやめてしまうんだけど、
実はまだ『フラフラ』があって、
10代から60代まで、年代別にフラフラを歌うのがあるんだけど、
今日はひと桁が2人、60代も2人いました。
このことは、5人はとてもうれしいんだと思う。
最初の煽りの時にも、年齢も性別も関係ねえ!って言ってたしね。

Comment

 

コンサートから、3日経っているけど、まだFFFの興奮から抜け出せないの。
目を閉じると、楽しかった光景が・・・

エイトの楽しい感じとはまた違う色の楽しさというのかな。

FFFの世界は、まさしくツボでした。

でも、エイトの曲やメンバーの曲を演奏してくれた時、やっぱり、エイトはいいな~!って思った。
だから、どちらがいいとは言えないんだよね。

すばるが、今、自分のやりたいことを見つけて、着実に突き進んでいくところを見ることができて、幸せだったと思う。
今回、行くことが出来なかったたくさんの方にも、きっと近いうちに見てもらえると信じています!

∞と共に、FFFが世の中に出て行って、たくさんの人たちに音楽の楽しさと、勇気や元気を与えてほしいな。




  • posted by mako 
  • URL 
  • 2008.09/28 22:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

makoさんへ 

∞の曲は∞でやるためにある曲だよね、やっぱり。
違うアレンジもすばるの声でやる∞の曲も大すきだけど、
すばるがラジオで言ってたように、∞でしかできないことがあるよね。
曲もその一つで、他の人とは違う∞onlyの良さがあると思う。

それにしても、私もFFFはいいわー♪
若いBANDの良さが十二分に出てて、めっちゃはまりました。
  • posted by はる 
  • URL 
  • 2008.09/29 00:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新のコメント

FC2カウンター

はるへのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

はる

Author:はる
渋谷すばる応援blogをモットーにしています。

母娘eighterでもあり、娘はたっちょん一筋、母娘ともに一直線です(^^)

音楽は他にはB'zを愛しています。

熱い魂の翼くんも応援しています。

右サイドメニュー

ブログ内検索

過去のログ 

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ecoの樹

大人の樹へ成長すると、実際の森へ苗木を植樹します。樹が成長した分だけ、地球上に緑が増えていきます。

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。